コンテンツへスキップ

崖の上の薄毛

育毛のために良い食べ物には何を思いつきますか?とくにワカメや昆布といった海藻類を思いつく方がたくさんいるだろうと思います。ただ本当のところあまり育毛促進効果がないだろうとの説があります。

決まった食物を摂取するだけではなく、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素をまんべんなく食するということが育毛促進には大切なことです。

また、食べ過ぎたりしないで適当な量を摂るように注意することも必要となります。頭皮の皮脂はよくないとされてしまうことがやっぱり多いんです。
育毛サロンなどでも皮脂が多いと髪が抜けると言われます。
頭皮をマイクロスコープで撮り、毛穴に詰まっている皮脂を見せられることがありますね。

やはり皮脂があまりに過剰過ぎれば正常な毛髪サイクルには妨げとなります。でも皮脂が全て薄毛の原因と思って取り過ぎてしまうことは、頭皮を保護する力が失われるでしょう。
皮脂は適度に存在する方が、実はハゲないためにはいいですよ。
皮脂は頭皮の水分調節をしてくれて乾燥し過ぎないように守る役割があるのです。
頭皮のコンディションを良好に保ってくれる育毛剤は、髪の毛の成長促進の効果が期待できるものです。

その成分に含まれるのは、頭皮の血行を促進するものや毛髪の育成に欠かすことのできない栄養素を配合しているものとされています。それでも、同じ効果がどんな育毛剤にも期待できるわけではないという印象です。

人によっては育毛剤の合う合わないは必ずあります。

自分にとって相性の良い育毛剤をうまく選ぶようにすることが大切です。
相性を見るためにはできたら半年くらいかけて自分に合うものを探してみて下さい。